品川の高級ホテヘルには最高の価値が有ります

品川の高級ホテヘル

今日は品川に出張で来ました。
仕事が終われば一泊して明日帰ります。

品川の風俗に詳しい同僚に、「品川に出張ならば絶対に高級のホテヘルを楽しむべき」と念を押されて来ました。
そこまで勧められると使わない訳にはいきません。
先ずは、逸る気持ちを抑え仕事を片付けてきます。

しかし、仕事の最中も頭の中は品川の高級のホテヘルのことで一杯でした。
どんな女性が在籍しているのかどんなプレイをして貰えるのか顔は緩みっぱなしです。



漸く仕事が終わり同僚お勧めのお店に来ています。
成る程、品川の高級ホテヘルに在籍する女性はハイクラスです。
容姿が美しいのは当たり前、スリーサイズは目を疑う程一級品揃い高品質の女性が豪華に揃っています。
パネルを見ながら女性のプロフィールを確認していきます。
「迷うな・・」と呟きフロントに目を向けると受付の男性スタッフが気持ちよくアドバイスをしてくれました。


「女性をお選び頂くのに迷われるのは、お店としてはこの上なく高栄でございます。」


とお客に負担を掛けない接客が行き届いている品川の高級ホテヘルです。

「お客様に迷いながらお選び頂いて高栄でございます。最高のご満足を・・」
とキャストの登場です。
男性スタッフが女性に耳打ちをしてくれたのでしょう。
私も「迷ったあげく貴女に決めました。」とキャストに告げました。

ホテルに入り軽く唇を交わしました。
品川の高級ホテヘルのキャストは身のこなし一つ取っても違います。
立ち振る舞いや手の動き見とれてしまう美しさがあるのです。
その中で、キャストが私の服を脱がせてくれました。
スーツの上着をハンガーに掛ける動きからもこれから施されるサービスの質の高さを伺い知ることが出来ます。

ホテルの部屋に入りキャストは直ぐに浴槽に湯を張り始めていました。
二人でお互いの体を寄せ合い洗い合う中で興奮は高まっていきます。
ソープの泡が心地よく浴室で絡み合う快感も極上の味わいです。
豊満な乳房にくびれた腰、スンナリ伸びた脚線美が堪りません。
浴室の鏡の前にキャストが立ち乳房を私に揉ませました。
鏡に映るキャストの悶え喘ぐ様子も最高に楽しむことが出来ました。

ベッドに移りホテヘルキャストの濃厚プレイの開始です。
横たわる私の体の上にキャストの美しい裸体が重なります。
キャストの柔らかい唇が、私の首筋、耳、乳首へと滑っていきます。
ネットリとした舌が私の乳首を刺激します。
私も思わずキャストの乳首に吸い付き思う存分キャストの乳房を揉みました。

同僚に勧められ品川の高級ホテヘルを試してみました。
品川の高級ホテヘルは言葉では言い尽くせない程の満足感があります。
極上の至福とはこのことを言うのだろうと驚きと感動の余韻にいつまでも浸っていた私です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です