浦和の高級ホテヘルで疲れを取ろう

シャワーを浴びる女性

新規の取引先と大きな契約が取れそうだったところで話は流れてしまいました。
「次回はお願い致します。」と帰って来ましたが、上司のガッカリする顔を思い浮かべると私の気持ちは落ち込んでいくばかりです。
こんな時にこそ風俗で気分を変えなくてはと浦和の高級ホテヘルのお店に来ました。
さすがに高級ホテヘルのメッカ浦和です。
コンパニオンは超ハイクラスの美形揃いです。
落ち込んでいた気持ちがコンパニオンのパネルを見ながらドンドン上昇してきます。

どの子にしようかと悩みに悩んでコンパニオンを決めました。
選んだコンパニオンは見るからに優しそうな女性で心が萎えている今の私にピッタリな女性です。
年齢は30歳を丁度超えたくらいの落ち着いた雰囲気の人妻風です。
ホテヘル人気が上昇していく中で浦和にも多種多様なホテヘルが増えてきています。
いつもは大衆クラスのホテヘルで楽しんでいますが、今日はまさかの高級店のホテヘルです。
滅多に利用できる料金ではありません。
コンパニオンを指名した時点には考えていなかったシチュエーションを考えながらコンパニオンを待ちました。

指名をしたコンパニオンが目の前に現れました。
信じられないくらい美しい女性が優しい微笑みを浮かべながら立っています。

「お待たせ致しました。お客様・・」
という上品な言葉の響きにまでも感動を覚えます。

普段はお目に掛かれない程の美しい女性です。
緊張から私の手は汗びっしょりになってしまっています。
手の汗を背中のワイシャツで拭いているとコンパニオンは私の手を取り優しく拭いてくれました。
チョットした気遣いですがこれこそが高級店の行き届いたサービスというものなのでしょう。
焦り度盛りながら話をしていた緊張がスーッと楽になっていくのを感じました。

自分の気持ちやシチュエーションが上手く伝えられなかった私ですが、浦和の高級ホテヘルのコンパニオンが私の気持ちを察してくれたのでしょう。
ホテルまでの路で大夫打ち解けることが出来ました。
仕事の愚痴も聞いてくれ私の心は有頂天です。
ホテルの部屋に到着し更にコンパニオンの細部に渡る気遣いが嬉しい中でのプレイ開始です。
体も心も疲れた状態の私の体を丁寧にコンパニオンが洗ってくれる心地良さは正に至福のとき、天にも登る快楽の世界です。
体を洗いベッドに横になるとコンパニオンは柔らかい唇で私の体を癒してくれました。

浦和の高級ホテヘルは、高い料金を払うだけの価値があります。
コンパニオンの質は最高でサービスやテクニックも最高レベルです。
気持ちが萎えているときに外れを掴ませられたら救われません。
浦和の高級ホテヘルは最高品質の申し分のないホテヘルです。
飲みに行く回数を我慢してでも浦和の高級ホテヘルにまた来ます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です